天然サプリメント

天然サプリメントと合成サプリメントの違いを調べてみた

天然サプリメントの人気が最近高まっているようですが、合成サプリメントとの違いは何なのでしょうか。
天然素材のから作られたサプリメントは、体への負担や、栄養の吸収効率が優れているといいます。
合成のサプリメントと比較しても、天然のサプリメントは吸収しやすいようです。
体に吸収される栄養素とは、単独で存在しているものではありません。
栄養を食べ物から得る場合、複数の栄養成分が同時に存在していることになります。
人の体は、幾つかの栄養素を組み合わせた状態のほうが、吸収効率が上がります。
有用なものは吸収して残し、いらなくなったら排出するのが体の仕組みです。
合成サプリメントの場合は原料に石油などが使われていますので、身体が受け付けずほとんどを排出してしまうようです。
胃腸に負荷をかけて成分を外に出すことが多いため、胃痛や胃もたれの原因にりなります。
自然界に存在する材料からつくられたサプリメントは、それぞれに影響を及ぼしあっている成分が入っています。
栄養の吸収効率は、相互に影響を与え合うためです。
合成成分が一切配合されていないサプリメントなら、栄養の吸収効率もより高くなるでしょう。
コスト面に関しては合成成分でつくったサプリメントの方が高くなりますが、栄養補給という点では優れています。

 

サイトマップ